一般社団法人「ふくのね」のマーク、ロゴ、愛・感謝・笑顔、スローガン、笑顔ある居場所をつくります

法人本部 TEL:0224-51-0355 FAX:0224-51-0388

ふきのとう村田 TEL:0224-83-5743 FAX:0224-82-2341

ふくのね

輝再館

(ふきのとう村田)

「ふくのね」の団体の特徴から、マークは、優しさや柔らかな印象を大切にしています。

 

・3つの鐘

教会の鐘の音は「ふくのね(福音)」であり、喜びを伝えるよき知らせです。また、カトリックにおいて神の愛を表します。鐘の音が鳴り響いて、神の愛が、支援を必要としている障がい者の方々に届くように、その鐘のもとに集まるようにという意味を込めています。

3つの鐘は、スローガンである、愛・感謝・奉仕を表します。3つの鐘の形がそれぞれ異なるのは、スローガンの愛・感謝・奉仕に、それぞれ違った意味や願いがあることを表します。

中心の鐘の上部は十字架を表し、3つの鐘を吊るす留め具とも見て取ることができます。

 

・リボン

リボンは良縁のシンボルであり、人と人とを結びつけるという意味があります。マークのリボンは、繋がりや絆を表します。3つの鐘を下から支えるようなデザインにすることで、人々の支え合いがあってこその「ふくのね」であることを表します。

また、鐘を鳴らす紐とも捉えることができ、明るく軽やかに鐘の音を響かせます。

 

・笑顔

左右の鐘の球を目、鐘の下のリボンの弧のラインを口に見立てると、ウィンクをしているような笑顔が浮かび上がります。笑顔は「ふくのね」の大きなテーマであり、笑顔あふれる場所であることを表すデザインとしています。

 

・色

フルカラーの場合は、キリスト教で希望を表す緑を基調としています。グラデーションを使用し、あたたかさ、心地よさ、爽やかさを表すデザインとしています。

また、樹木を連想させるカラーリングとなっています。樹木は癒しや生命力の素晴らしさがあり、枯れることなく常に伸びていくものです。樹木の良い印象をマークに用いています。

グラデーションを使用しない場合は、明るい緑を使用し、軽やかで生き生きとしたデザインとしています。

「ふくのね」のマーク、バリエーション

「ふくのね」の意味

 

カトリックの新約聖書にマタイ、ルカ、マルコ、ヨハネの4つ歴史書を総称して「福音書」と呼ばれています。天地創造の神様が私たち人間にイエス・キリストを通じて示された「神の永遠の愛と真理」それは「神の偉大なる愛=善き知らせ」です。

 

人間が持っている嘆き、怒り、苦しみ、悲しみ、妬みをイエスキリストは十字架上の死を通じて私たち示されました。人としての弱さをもち、支援を必要とする私たち周りにいる人々と重ね、共感して神の愛を注ぐこと、それが『ふくのね』です。私たち一人ひとりの愛を必要としている人々がすぐ近くにいます!あなたの愛の鐘の音を聞かせてください!

経営理念

 

障がい者・高齢者や弱い立場にある方の自己実現目指す事業を行います。

 

一人ひとりがかけがえのない存在として笑顔で生活ができることを願い支援します。

 

 

事業内容

 

障害福祉サービス・介護福祉サービス・公的介護保険外サービス・物販・くらし相談

© 2017 Fukunone. All rights reserved.