一般社団法人「ふくのね」のマーク、ロゴ、愛・感謝・笑顔、スローガン、笑顔ある居場所をつくります

法人本部 TEL:0224-51-0355 FAX:0224-51-0388

ふきのとう村田 TEL:0224-83-5743 FAX:0224-82-2341

ふくのね

輝再館

(ふきのとう村田)

廃校になった旧村田第三小学校の校舎で事業を開始して、2周年の節目を迎えるにあたり

「地元の方々と交流の場になるイベントを…」という想いから「村田フェスタ」は始まりました。

「村田フェスタ」をつくっているのは、ふきのとう村田だけではありません。

1年目から毎年、代を引き継ぎながら関わってくれている、宮城大学の学生のみなさんをはじめ

地元で活動し、ふきのとう村田や旧村田第三小学校に理解や愛着を持つ、企業や団体が

「村田フェスタ実行委員会」として一つのチームとなり、開催が続けられています。

もちろん利用者にとっても、年に一度、多くの人をお迎えし楽しんでもらうために

一人一人が張り合いをもって準備に取り組む、一大イベントでもあります。

~つくろう ふるさと~ のテーマのもと、

「地域に心地よい居場所を残したい」「これからもみんなのふるさとを作っていきたい」という

地元のみなさんの想いが集まり、実現できる場所となっていけたらと思います。

村田フェスタ

平成26年【第1回村田フェスタ】

 

最初の開催は、午後から夜にかけての時間帯で開催しました。

日中は、宮城大学の学生による「光と風のワークショップ」を開催。

小学生が大きなビニールの袋に風を集めて、にぎやかに校庭を走り回りました。

暗くなってからは、昼間のワークショップで作られたイルミネーションと

大人の背を超える大きな半透明の「光のトンネル」モニュメントが校舎の前に登場し

幻想的な情景に歓声が上がりました。

平成27年【第2回村田フェスタ】

 

2年目の開催では、ふきのとう村田で行っている古着販売事業を活用した企画が行われました。

Tシャツに絵を描いてもらい、校庭に一列に展示するインスタレーションは、来場者の目を引きました。

子どもたちが自分で服を選び、コーディネートするファッションショー「村田コレクション」では

子どもたちのかわいい姿が披露され、盛り上がりを見せました。

利用者もミニライトの制作するなど、イベントに参加する楽しみを感じてくれました。

平成28年【第3回村田フェスタ】

 

3年目は、地元の協力団体が増え、実行委員会組織も活発に活動しました。

それぞれの力が集まり、子どものワークショップコーナーや露店、和太鼓やバンド演奏、スライドショー

などの企画も充実したほか、中学生がライブペイントを行うなど、町の方々の参加の輪が広がりました。

教室を使ったパネル展示も行い、様々な試みが校舎と体育館の各所で行われました。

この年、村田フェスタのテーマが「~つくろう ふるさと~」に決定しました。

平成29年【第4回村田フェスタ】

 

4年目は、「一般社団法人ふくのね」となって、初めての開催でした。

体育館の大きなステージを使っての「えずこウィンド♪アンサンブル」の演奏や、

子どもたちが参加する「村田コレクションvol.3」は、華やかなものとなりました。

東都クリエートと宮城大学によるワークショップも充実し、びいんず夢楽多による露店も大好評でした。

利用者が育てた無農薬野菜や、手作りの布小物アクセサリーの販売など、

ふくのねの職員たちも、利用者と一緒に工夫を重ねて「村田フェスタ」に取り組みました。

「ふくのね」の意味

 

カトリックの新約聖書にマタイ、ルカ、マルコ、ヨハネの4つ歴史書を総称して「福音書」と呼ばれています。天地創造の神様が私たち人間にイエス・キリストを通じて示された「神の永遠の愛と真理」それは「神の偉大なる愛=善き知らせ」です。

 

人間が持っている嘆き、怒り、苦しみ、悲しみ、妬みをイエスキリストは十字架上の死を通じて私たち示されました。人としての弱さをもち、支援を必要とする私たち周りにいる人々と重ね、共感して神の愛を注ぐこと、それが『ふくのね』です。私たち一人ひとりの愛を必要としている人々がすぐ近くにいます!あなたの愛の鐘の音を聞かせてください!

経営理念

 

障がい者・高齢者や弱い立場にある方の自己実現目指す事業を行います。

 

一人ひとりがかけがえのない存在として笑顔で生活ができることを願い支援します。

 

 

事業内容

 

障害福祉サービス・介護福祉サービス・公的介護保険外サービス・物販・くらし相談

© 2017 Fukunone. All rights reserved.